目の下のくま&たるみを治して、疲れ顔・老け顔とサヨナラ!

あなたはどれ?
出現率で分かる目の下のくまの原因&対策Cause

紫外線もクマの原因に

ここでは、紫外線がクマになる原因について解説していこうと思います。

紫外線が目の下のクマの原因になる理由

紫外線がシミやくすみの原因になるというのは、よく知られていますよね。日光にあたりすぎると、メラニン色素が出てきて、お肌の上に茶色く沈着してしまいます。

実は、目の下にもシミと同じ現象が起きていて、茶色いクマとなって現れます。つまり、メラニン色素が滞ってしまうのです。日に当たっても、お肌が正常なターンオーバーをしていれば、新しいキレイな皮膚が生まれますが、年齢を重ねると肌代謝が悪くなります。

紫外線にあたりすぎて一度茶色くクマができあがってしまうと、なかなか皮膚を戻していくのは厳しいのです。

色素沈着をさせないためには、夏だけでなく、1年中、紫外線対策をしていくのが大切です。メラニンが溜まらないように原因を予防していかなくてはなりません。

原因を絶つ!紫外線ケアでくま対策

顔のUV対策ならいつも気をつけてます!という女性は多いでしょう。しかし、意外とUVの基礎知識を知らないという場合も。あなたのお肌を守るために、ちょっとおさらいをしてみましょう。

UVケア剤の種類

紫外線を防ぐUVケア剤は、2種類あります。お肌の上にのせた顔料が紫外線を反射させる「紫外線散乱剤」と、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」。

吸収させるタイプは、効果が高いのですが、お肌に負担がかかります。デリケートで皮膚の薄いクマ部分には、なるべく紫外線散乱剤のタイプを選びましょう。

紫外線を表す値、PA・SPFについて

UVケア剤のパッケージなどにあるPA++やSPF50などの表記。PAは、紫外線A波を防ぐ指標。4段階で+の数が多いほど防ぐ効果が高くなっています。SPFは、紫外線B波を防ぐ指標。数字が大きいほど防ぐ効果が高いです。

日常使いでは、SPF10 PA+、屋外でのレジャーは、SPF20~30 PA++、炎天下のレジャーは、SPF50 PA++++、などが目安。効果が高いほど、お肌には良くないので、シーンに合ったレベルを選び、こまめに塗りましょう。

その他の紫外線対策

UVケア剤以外にも、気をつけておくと良い方法があります。

  • ビタミンCなどのお肌に良い食べ物、サプリメントを摂取する。
  • 美白効果の高い基礎化粧品、アイクリームでお手入れをする。
  • 夏場は、日傘をさしたり、ツバの大きい帽子をかぶる。
  • 海やプールなどのレジャーでは、サングラスをつける。

紫外線が原因でできてしまったクマを消す最新治療とは

紫外線を浴びたことでできてしまったシミは、正直言うと生活習慣を見直すだけでは、なかなか薄くすることは難しいです。慢性的なクマがあるという方は、美容外科の施術を受けると、完治させることが可能に。

おすすめの施術としては、脱脂&脂肪注入の施術です。これは、目の下の脂肪を除去したり、注入したりするもの。茶クマのある方は、たるみができる黒クマなどと原因が混在しているケースが多いのですが、この方法なら色々なクマに対応しているのでおすすめです。

>>経結膜脱脂法など皮膚を切らないクマ治療まとめ<<

pagetop

サイトマップ

百害あって一利なし!目の下のくま・たるみ完全撲滅委員会