目の下のくま&たるみを治して、疲れ顔・老け顔とサヨナラ!

あなたはどれ?
出現率で分かる目の下のくまの原因&対策Cause

HOME » クマ・たるみを改善するために!気を付けたい日常生活のポイント » パソコン・スマホも目の下のくまの原因に

パソコン・スマホも目の下のくまの原因に

ここでは、パソコンやスマホが目の下のクマに与える影響を考えていきます。

パソコン・スマホが目の下のくまの原因になる理由

パソコンやスマホを見続けてしまっている生活…。現代人にとってもう当たり前の光景ですよね。仕事ではしかたがなくても、プライベートでは、目や目の下のクマには良くないので、ちょっと控えて目を休ませることを心がけましょう。

では、どうしてパソコンやスマホを見ることがクマに影響するのでしょうか?

デジタルの画面から発せられる明るい光は、ブルーライトです。これは、目に悪いということは話題ですよね。この青みは、波長の短い光ですので、目の網膜まで届いてしまうほど、とてもエネルギーが強いのです。長時間見続けると、目の疲れ、コリの原因となるとされています。

目が疲れると、目の周りの血行が滞り、目の下のクマとなって現れます。今、働く女性に多いのがパソコン・スマホが原因による血行不良。青いクマになります。血液の流れが悪くなると冷えてしまい、さらに悪循環となるのです。

ドライアイやカスミ目となれば、目を擦ることもありますよね。擦ることで肌への刺激となり、色素沈着によるクマも発生。疲れが溜まれば、肌にも悪く、ターンオーバーが乱れ、たるみなどの要因にもなります。つまり、目を酷使すると、色々なクマの原因も同時に作り出してしまうというわけです。

原因を絶つ!日常生活でできる目の下のくま対策

なるべく、パソコンやスマホを見ないようにする、というのが一番の改善方法です。しかし、仕事もあれば、日常的にスマホ生活に慣れてしまっている、という場合は、画面を見るのを減らしたくても減らせない理由もあるかと思います。

そんなあなたに、おすすめの方法をご紹介します。

  • 目が疲れたら一定時間休む習慣をつける。
  • PC眼鏡をかけて、有害なブルーライトをカットする。
  • 目のツボを刺激して、目のまわりの血行を良くするマッサージをする。
  • 蒸しタオルや市販のアイマスクで目を温める。
  • 疲れ目に効く目薬をつかう。
  • まばたきを多くするように意識して、ドライアイを防ぐ。
  • クマ対策用のアイクリームでお手入れする。

パソコン・スマホが原因でできた目の下のクマにおすすめの治療

パソコン・スマホなどの影響でできてしまった青クマ。一度ひどくなり慢性化すると、自分の努力だけでは、なかなか消えません。やはり、美容外科にお願いするのが一番早くて確実に改善できます。

このサイトで紹介しているクリニックでも様々な施術ができます。レーザーで毛細血管を減らす施術、皮膚切開の手術、ヒアルロン酸注射などです。

特に、今話題となっているのは、自分の脂肪を目の下に注入するという、切らない最新美容施術。クマ部分の血管が脂肪によって見えなくなるから、一時的ではなく、悩みそのものを消し去ることができるのです。

このサイトのページで詳しく解説していますので、読んでみてくださいね。

>>経結膜脱脂など皮膚を切らないクマ治療をまとめました<<

pagetop

サイトマップ

百害あって一利なし!目の下のくま・たるみ完全撲滅委員会