目の下のくま&たるみを治して、疲れ顔・老け顔とサヨナラ!

あなたはどれ?
出現率で分かる目の下のくまの原因&対策Cause

HOME » 目の下のクマの種類と見分け方 » 青クマの原因と治し方

青クマの原因と治し方

ここでは、青クマの治し方についてアドバイスしていきます。

青クマになってしまう原因とは?

目の下の皮膚は、とても薄くデリケートだからこそ、皮膚の下の毛細血管が透けて見えてしまいます。色白の人、お肌がキレイな人ほど青いクマは気になるでしょう。

青い色が特に目立つなら、血行が悪くなっているのが原因です。疲れていたり、寒い時期であったり、女性は月経時期などでも、血液循環が乱れて青さが目立ってしまうということがあります。

その他にも、最近では、デスクワークで常にパソコンを使い続けたり、スマホやタブレットを手放せない生活であったり…。目の下の血行を悪くする原因は本当に多いです。

青クマに有効な治し方とは

青クマの治し方としては、血行不良というのが一番の原因ですから、血流を良くしてあげることが大事です。冷えをなくし、目の疲れを貯めないようにしましょう。パソコンやスマホなどを見る時間を少なくしていったり、普段から意識して目を休ませたりするだけでも違ってきます。

ケアとしては、目のまわりのツボを押す血行改善マッサージをしていくのもおすすめです。蒸しタオルを目の下にあてて、温めるお手入れも有効です。普段から冷え症という方は、目だけでなく、体全体を暖めて血行を良くするために、冷やさない服装をしたり、入浴で温まったり、血行を良くする体質改善を心がけましょう。

とりあえずはメイクでカバーするのもひとつの方法です。肌の色に合ったコンシーラーやファンデーションを使えば、比較的隠しやすいです。青クマを気にする方は、色白の人が多いので、厚塗りにならず、自然にカバーできるメイク用品を選びましょう。

これが究極!美容外科での青クマの治し方

青クマは、皮膚が薄く透けてしまうことで毛細血管が見えてしまうので、人によっては、お手入れをしたとしても、やはり目立ちやすい方はいます。

美容外科では、そんな重い青クマを完治する画期的な施術があります。今、注目されているのは「皮膚を切らない美容整形」。お肌を傷つけなくても、目の下に脂肪を注入し、クマを見えなくするという方法があります。

血管が透けてしまうという根本の原因を解決できるとあって、青クマに悩む人も多く施術を受けています。悩んでいるのなら、おすすめですよ。

このサイトでは、美容外科によるクマの施術について詳しく調べています。最新のクマ治療について興味があったら、「皮膚を切らない美容整形」のページをぜひ読んでみてください。

>>最新のクマ治療!皮膚を切らない美容整形はコチラ<<

pagetop

サイトマップ

百害あって一利なし!目の下のくま・たるみ完全撲滅委員会